ネーム刺繍、縁取刺繍、圧着、転写マークのことなら
有限会社ヤマグチ刺繍

オーダーメイドのオリジナル刺繍など、群馬県前橋市のヤマグチ刺繍までご相談ください。

Tシャツやワッペン、帽子(キャップ)、リストバンドから、スポーツ(野球・サッカーなど)チームのユニフォーム、カバン、会社の制服など、さまざまなアイテム・グッズへの直接刺繍、縁取り刺繍、スパンコール刺繍、圧着・転写、マーキングを、ロゴデザインの作成から実際の製作まで一括で承ります。

ラバー・マーク生地圧着

Rubber Mark Fabric Crimp

HOME | 加工技術 | ラバー・マーク生地圧着

ラバー圧着加工について

Rubber crimping process
ラバー 一重圧着

ラバー 一重圧着

シンプルに1色の圧着です。主にサッカー系ウェアに多い加工です。
文字のほか単純な絵柄や図形であれば、この加工で表現できます。
当社の定番書体であれば、短納期で価格を抑えた加工が可能です。


ラバー 二重圧着

2色のデザインを2種類のラバーで表現します。
サッカーやフットサルのゲームシャツで活躍する加工方法です。
縁の色の部分は、本当に縁の部分だけに素材を使用しているため、意外に厚ぼったくはならないんです。

ラバー 二重圧着
仕切り線

マーク地圧着加工について

Mark base crimping process
マーク地 一重圧着

マーク地 一重圧着

専用の生地をレーザーでカットしたものを圧着します。
生地の風合いでマークや番号が作れるお手軽な加工方法で、バレーボールや野球の練習着等に多い加工です。ただし細かい文字やデザインは苦手。 


 マーク地 二重圧着

その名の通りマーク地を二重に重ねて圧着するものです。
縁取り刺繍よりも低価格で2色が表現できますが、生地を重ねるのでマークが厚ぼったくなります。薄手のウェアには不向きです。

マーク地 二重圧着

帽子の圧着加工 その1

帽子の圧着加工 その1

帽子にはウェア用とは別に、専用の圧着機が必要になります。
既製品に取り付けるには、高さ4.5~5.5cmの大きさの制限があります。
またメッシュ素材には圧着できないケースもありますので、直接刺繍または
縁取り刺繍などでの対応になります。


帽子への圧着加工 その2

2色使いの場合、マーク生地を2重に重ねると貼り付けが難しいため、
イマドキの多色は昇華印刷したマーク生地を圧着するのが主流です。
また価格は上がりますが、縁取りにするのも確実な加工です。

帽子への圧着加工 その2
仕切り線