ネーム刺繍、縁取刺繍、圧着、転写マークのことなら
有限会社ヤマグチ刺繍

オーダーメイドのオリジナル刺繍など、群馬県前橋市のヤマグチ刺繍までご相談ください。

Tシャツやワッペン、帽子(キャップ)、リストバンドから、スポーツ(野球・サッカーなど)チームのユニフォーム、カバン、会社の制服など、さまざまなアイテム・グッズへの直接刺繍、縁取り刺繍、スパンコール刺繍、圧着・転写、マーキングを、ロゴデザインの作成から実際の製作まで一括で承ります。

フルカラー転写圧着

Full color transfer crimp

HOME | 加工技術 | フルカラー転写圧着

フルカラー転写圧着とは

Full color transfer crimp

言葉で説明しますと…
元は真っ白なラバー風のシートですが、これに大型のインクジェットプリンタでフルカラー印刷します。印刷が終わったら、デザイン通りにカット線が入り、切り抜きができます。
これをウェアや帽子などに、圧着機(大きいアイロンのような専用機械)でプレスすると出来上がりです。
この印刷に使用するインクは、シートによく定着する特殊な溶剤なので、多少の洗濯では色落ちしません。ただし熱に弱いので、アイロンが当たったり、乾燥機にかけるとすぐに劣化・はがれなどが発生します。
製作日数は少なく、コストも押さえられますが、耐久性はそれほど期待はできないのが欠点です。
(耐久性を求める場合は、昇華マークがオススメです。)
 撥水生地でもしっかり付きますので、ウィンドブレーカやグラウンドコートでも心配は不要です。
表面がツルツルのエナメルバッグにも可能です。(段差をまたいだり、エンボス加工物等は不可)

アイロンをしても問題ない生地であれば、ほぼ何にでも貼り付けできます。

実際の製作例

Actual production example
グラデーションはきれいな転写圧着

市販のインクジェットプリンタと同等の解像度が出せますので、
グラデーションはきれいに再現できます。

昇華染色されたサッカーシャツなどは加熱で色が上がって来てしまうので、
その場合昇華防止用シートで対応します。

高解像度であれば、写真でも画像でもマスキングしてそのまま表現できます。
ただしその場合、パーツごとの色合いの変更はできません。
解像度が低いと色の境界のガタガタやモアレなどはそのまま出てしまいます。

写真でも画像でもマスキングして転写圧着

転写圧着
転写の質感は分かりますでしょうか?
生地の色に合わせてデザインの縁も「黒」にしてありますが、 素材が異なるため、近くで見ると違いがわかります。
ただし少し引いて見れば、あまり気にならないと思います。

基本的にツヤ消し仕上げですが、ツヤありのシートもあります。

ただし、いかにもペタっとシールを貼った感じになりますので、
前者の方が生地に馴染むのでオススメです。

フルカラー転写圧着
仕切り線